皮膚科で治す

ニキビ跡残りで皮膚科に通っていました。
先生のご指導では化粧品は肌を汚すもの。なるべくメイクはしないこと。肌に負担をかけない方法を習いました。
まず朝の洗顔はお湯で軽く流します。ベタつきがある場合は5~10回くらい。
程よい油分が残っていていいです。保護膜と思ってください。
油分が足りないところに化粧水、クリームを少量付けて液体ファンデーションも少量くすみのあるところだけ塗ります。
あとはアイメイクも眉とマスカラくらいにします。
そうして夜は泡立てた化粧落としの洗顔で優しく洗います。その後はパックをして、保湿をします。
ニキビもだんだん少なくなり、跡も薄くなっていきました。だいたい2か月くらいでしつこい大人ニキビもニキビ跡も消えました。
あとは食事にも気をつけて腸内環境を整えるように努力しました。この方法は皮膚科の先生からのおすすめなので自信を持っておすすめできます。

http://www.tokatsunavi.com/

体質改善したかった私

年末年始に太ってしまったことがきっかけで、ダイエットの良い方法はないかと思い情報を探していました。たまたま閲覧していたショッピングサイトで粉末タイプのグリーンスムージーが割引価格で売っていたので、正月太り解消には効果があるかも知れないと思い、購入することにしました。購入すると、シェイクするための容器と計量スプーンが付属品で入っていて、その容器で粉末をシェイクして飲む、というタイプのものでした。説明書きの通りに、毎朝牛乳に溶かしてシェイクし、飲むことを続けました。最初は、まったく効果がなく、寒い時に朝から冷たい牛乳を飲んでお腹をこわしてしまったので、グリーンスムージーを始めたことを少し後悔しました。しかし、続けていくうちに、重く感じていた体が少しスッキリとしたように思いはじめました。体重を計って見ると2kg近く減っていたので、効果はあるのだということを実感しました。もう少し痩せたいので、今も毎朝飲み続けています。

シャンプーを変えた

最近、ネットの口コミをみて、さくらの森ハーブガーデンシャンプーを使い始めました。
使い始めたきっかけですが、肌が弱くて、いろいろなシャンプージプシーに陥ってたんです。

何度市販のシャンプーを使っても、以前、使用した肌に合わないシャンプーでできた、頭皮のぶつぶつが治らず、痒くなったりして、肌に合わなかったのですが、コチラのシャンプーは、痒くなることなく、洗い終わった後は、頭皮がさっぱりして、気持ちが良かったです。
アミノ酸シャンプーは、洗浄効果が弱くて、頭皮がベタベタしやすいと聞いたことがありますが、そんなこともなく、シャンプーが合わないと、フケが出ることもありますが、このシャンプーを使い始めてから、フケもおさまりました。

ドライヤーで乾かした後は、ふわっと、軽い感じになり、毎朝のスタイリングも問題なく、良い感じに出来ております。
容器もコンパクトで、最初見た時、分量が少ないかなと思ったけれど意外にもつので、そんなにコスパは悪く無いです。2ヶ月ほどはもつと思います。、髪の抜け毛も気になり始めてきましたが、頭皮のケアを含めて、これからも続けていきたいと思います。

プラセンタ注射は凄い!

私が2年程前に皮膚科で看護師として勤めていた時の話です。
私が勤めていた皮膚科は、美容部門もあり、脱毛やプラセンタなどの専門の先生もおりました。 私が勤務している期間中、三人の新人の看護師が入ってきました。
新人だけあって、人様への注射の経験はありませんでした。
ですが、私達は静脈への採血やプラセンタなどの筋肉注射を患者さんへしなくてはいけません。
その新人さん教育の一環で、ある日私がプラセンタ注射の患者役をする事になったのです。 私はその時はそんなにプラセンタに興味がなかったので、普通に練習台として、注射を受けました。
しかし、その後の1週間、とても身体が元気だと実感を得ることが出来ました。
寝つきと寝起きが本当によく、いつもよりはるかに身体が疲れにくい感じがしました。
それからまたすぐ、新人さんのプラセンタ注射の練習台となったのですが、短期間に3回も打ったからかもしれませんが、お肌の調子も良かったですし、何よりも気分も良かったです。
プラセンタって凄いんだなぁと実感した私でした。

でも後から考えると、皆が二の足を踏んでいたのは、感染症のリスクがゼロではないということで、その後は献血はできないとうことなどですね。

今は、効果は限定的になったとしても安全性に問題がない、サプリメントを摂っています。

私は馬プラセンタサプリを飲んでいるのですが、徐々に体とお肌に効果を感じる様になっていますよ。

やっぱり三日坊主はダメ

元々脂性肌で、20代の頃の肌の悩みは毛穴詰まりや毛穴の開き、ベタつきが主でした。しかし30代に入った頃から急に、目の下や頬のたるみ、ほうれい線が目に付くようになってきました。毛穴ケアばかりしている場合ではないと思い立ち、その時化粧品でもよくお世話になっていた、ヤーマンの プラチナホワイトという美顔器を購入しました。それまで朝晩のスキンケアは最低限のことはしていましたが、美顔器のようなケアを毎日にプラスして続けられるだろうかと不安があったので、とにかく使い方が簡単で三日坊主にならないことを目的に選びました。これはスマホやテレビを見ながらでも片手で操作でき、1日1回必ず使用する習慣ができました。とてもコンパクトなので、外出時にポーチに入れて持ち運んだりもしています。首から顎にかけて下から上へ、ほうれい線を下から上へ、頬のたるみを下から上へと、年齢と共に重力に負けてしまう肌を必死に引き上げようとしています。継続は力なりという言葉を信じてがんばっています。美顔器口コミ♪プラチナホワイトRFってどうなの?使ってみました。

 

敏感乾燥肌

現在主婦ですが、短大に入り化粧品を使い始めたころから、敏感肌で苦労しました。一般的な化粧品を使うと、かゆみが出たり、赤みがでたりしていました。
社会人になってからは、当時資生堂系列の「コスメティックハウス」というところで、
28日ごとに画像で肌診断をして、基礎化粧品を処方してもらっていました。
月の基礎化粧品代は2万円。
主婦になってからは、当然高価な化粧品を買うことは出来ず、試行錯誤の末、無添加のファンケルにたどりつきました。
さすが無添加なので、敏感肌の私も肌トラブルはなく、10年近く使いました。
30代半ばになり、家計に少し余裕が出てきた頃、
たまたま、ママ友達にノエビアを使っている子がいて、聞くと彼女も私と同じような悩みを
持っていて、ファンケルを長い間使っていたけど、ファンケルはトラブルはないけど、潤い感が
いまいちでノエビアを使用しているとのこと。
早速ノエビアの99シリーズを使ってみました。彼女の言う通り、トラブルもなく潤い感が
断然良いです。クレンジングの時、マッサージをすると肌もふっくらしっとりするようになりました。
そして10年近くノエビアを愛用した頃、子供の教育費がかかるようになったのと、ノエビアの販売員の友達が仕事を辞めたことが重なり、ノエビアを続けることが出来なくなりました。
悩んだ結果、敏感乾燥肌用のリペアファンデーションのお試しセットを購入しました。肌トラブルもなく、潤い感もあります。
ノエビアに比べると、潤い感、しっとり感は負けますが、価格、などは合格です。

肌が弱い人用のファンデーション

お助けサプリを使うのもいい

なんとなくやる気が出ない、なんとなく気分が乗らない・・そんなときってありませんか?

そんな無気力のときの対処法をご紹介します。やる気の出る方法、それはとにかくまず少しだけ始めてみることです。

勉強なら1ページだけ、家事なら食事一品だけ、掃除なら近くの一角だけ。

そうすれば自然とやってない残りが気になってくるものです。

たとえば部屋の一角だけ掃除した場合、今度は散らかってる別の一角が気になり、そこを掃除し終えればまた別の場所が気になる・・という連鎖反応が起こるのです。

一度重い腰を上げてしまえば案外リズムに乗って事を進められるものですよ。やる気の出ないときはまず目の前にあるほんの小さなことから手を付けてみましょう!

それでもやる気が出ない時はわたしはサプリメントを活用します。

わたしが密かにブースターサプリとよんでいるのが、「エイジングリペア」というさぷりです。高価なのでほんとに必要なときに飲んでいます。アンチエイジングサプリですが、とにかくやる気にもいいです。

産後に使ったファンデ

リペアファンデーションを使用しようと思ったきっかけは、産後のシミや肌荒れなどに悩んでいたときに雑誌で知ったのが最初でした。そのときにとても敏感肌で産後だったので色々買い物に行ったりすることもできず、通販で探していた時に、このリペアファンデーションをよく口コミでみかけていたので、思い切って使ってみようと思い購入することにしました。使ってみての始めの感想は、とてもカバー力のあるファンデーションだなと感じました。今まで使用していたものはくまやしわ、シミなどがなかなか隠せずに顔に年齢が出やすかったのですが、このリペアファンデーションは一回薄く塗るだけできれいに気になるシミなどを隠してくれますのでとても驚きましたし、うれしかったです。ですので、ファンデーションがなくなるとリピート買いをしています。

カバー力があって肌に優しいファンデーション

更年期も怖くない

最近生理が不順になり始め 気づけば イライラ、火照りと言った症状が気になりだしました。 イライラが1番の症状で 何にイライラしてるのかもわからずに 家族に当たる事も多くなって イライラをコントロールできない 自分に又イライラすると言う事の 繰り返しでした。 それと同時に脱力感もあり 更年期と言うよりも鬱かな?と思った事もありましたが 友達からも 更年期かもよ。と言われ 対処法として勧められた プラセンタの注射を打ってみました。

プラセンタの注射は 更年期だと保険で出来ると言う事で よく聞くような値段の 1/10位のお値段でした。 漢方のお薬も勧められましたが 匂いが苦手なのと粉薬が苦手なので こちらはお断りしました。 注射は皮下注射でしたが 痛みはありませんでした。 注射の量が多いので 場合によっては内出血するかもとの説明がありました。 すると先ず次の日には 肌のハリが目に見えて よくなりました。 半信半疑でしたが 肌の調子が良く気分も良い気がしました。 それからは 1~2週間ごとに注射を打っていますが 肌の調子は相変わらず良く イライラも減っています。何より、肩こりがなくなりました。

あと、併用して大豆イソフラボンのサプリも奨められました。女性にとって大事な女性ホルモンを補って、骨粗しょう症の予防にもなる成分が含まれているということで話題の「エクオール」というサプリメントでした。

今はうまくこういうものを利用することで、ホントに楽に更年期を過ごすことができるんですね。

更年期を乗り切る方法

美白は一日にしてならず

夏だけでなく美白対策は年中行っておきましょう。これは常識ですね。冬になるとついつい、忘れがちですが、地球へ降り注ぐ紫外線が強くなっている為、冬も忘れずにケアしましょう。まずは美白化粧水でコットンパック。水を十分含ませて美白化粧水をそこに含ませて、コットンを裂いて顔に張り付けて10分。やりすぎは効果がありません。その後は美白美容液です。まんべんなく肌に塗ります。そうしてパックしたあとは、顔を両手で覆って、鼻息で、ふーっと顔を温めて両手でほほあたりからしっかり保温してあげましょう。成分が皮膚に浸透するように。すごく焼いてしまった時は帰宅後すぐケアです。洗顔、化粧水、パックです。これはいざという時のための効果なものでもいいでしょう。美容液一本分が入ってるというホワイトニングパック、それには部分的にもケアできるシート付のも売られています。シートはパックしながら自然に溶けてしまいます。それでしっかりとパックしましょう。これはたっぷりと美容液が袋に残っているので、首や手、腕などにも塗るといいでしょう。一段、肌が明るくなります。

あと私は個人的にはポーラのホワイトショットを使用しています。これはかなり効果があると思います。値段も高いですが、最先端の美白効果がある美容液だと思います。